姿勢の評価と治療アプローチ ~竹井 仁 先生セミナー~

<座学+デモンストレーション>

弊社DVD「筋膜リリース」シリーズでおなじみの
竹井 仁 先生による完全解説!


☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

日 程 : 2017年4月2日(日) 10 :00~16:00 (開場 9:30)
     ※途中、昼食休憩を1時間挟みます。(昼食はご用意しておりません。)

会 場 : 亀戸文化センター (JR総武線「亀戸」駅徒歩2分) 第1 + 第2研修室

受講料 : 10,800円 (税込)

※ 当日は動きやすい服装でお越しください。

※ 昼食は各自でご用意ください。

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★ 






「姿勢の評価」 ME83-1 筋膜リリース「治療編」~その理論から治療手順まで~Part-2 
【第1巻】 頭頸部・顎関節機能異常編 より抜粋
 








 
■内容

竹井先生より

姿勢の異常は、その人の人生を写す鏡である。
それまでの姿勢や動きの癖、生活習慣、不良姿勢や過用、
誤った運動パターンにより、姿勢は異常をきたす。
さらに、不良姿勢が怪我を生じさせ、
その怪我が筋・筋膜の代償を通して不良姿勢を複雑化させる。
そして、それがまた様々な機能異常を誘発する。

全身の「理想的な姿勢」とは何か。
逆に「不良姿勢」にはどのような姿勢があるか。

不良姿勢を評価し、その姿勢を修正するアプローチを紹介する。

<参考図書「姿勢の教科書」(ナツメ社)>

 
■ 講師

竹井 仁 (たけい ひとし) 先生 
 (首都大学東京大学院 人間科学研究科理学療法ならびに健康福祉学部理学療法学科 教授)

<プロフィール>
 理学療法士、医学博士、OMPT(Orthopedic Manual Physical Therapist)、
 FMT(Fascial Manipulation Teacher)、GPTH(Golf Physio Therapst)
 1997年筑波大学大学院修士課程修了(リハビリテーション修士)。
 2002年東邦大学大学院医学研究科医学博士(解剖学)学位授与。
 日本理学療法士協会専門理学療法士(基礎系、運動器、内部障害系)。
 認定理学療法士(徒手理学療法)。
 公益社団法人東京都理学療法士協会副会長、
 日本徒手理学療法学会理事長など複数の重責を兼務。
 主な著書は、「系統別治療手技の展開改定第3版」(編集共著、協同医書出版)、
 「筋膜マニピュレーション」(単訳、医歯薬出版)、
 「運動機能障害症候群のマネジメント」
 「続 運動機能障害症候群のマネジメント」(監訳、医歯薬出版)
 「自分でできる!筋膜リリースパーフェクトガイド」(単著、自由国民社)、
 「姿勢の教科書」(単著、ナツメ社)など60本以上にのぼる。


 

■お申し込み方法
1. ページ下部にある申込みフォームに必要事項を入力して送信してください。

2. 自動返信メールでお振込み先銀行情報をお知らせします。

3. メールに記載された銀行口座に受講料をお振込みください。

4. ご入金確認後、受講票をメール送信します。受講票を印刷し、当日会場受付でご提出ください。


【 ご注意事項 】
※一度お振込頂いた受講料のご返金は致しかねますのでご了承ください。
※ご利用のセキュリティソフトやメールソフトに、迷惑メール防止機能が付いている場合や、
携帯電話・スマートフォンでメールを受信する場合、
迷惑メールフォルダやゴミ箱に自動振り分けされたり、削除される可能性があります。
あらかじめ下記のドメインを受信可能なドメインとして設定の上お申し込みください。
japanlaim.co.jp  send@event-form.jp
尚、ご登録いただいたメールアドレスには、ジャパンライムからのご案内をさせていただきます。
※本セミナーは撮影してオンデマンドのコンテンツとして配信する予定です。受講者の皆様が映る可能性がありますが、
お申込みいただいた時点でご了解いただいたものとさせていただきます。

受付期間中ではありません。

定員 70人
申込終了日 2017/03/30 16:00まで
開催日 2017/04/02 10:00 〜 2017/04/02 16:00
カレンダーに追加 Google Mac (ics)
主催者名 ジャパンライム 株式会社
住所 〒136-0071 東京都江東区亀戸2-19-1カメリアプラザ5階
開催場所 亀戸文化センター
開催場所URL http://www.kcf.or.jp/kameido/kameido_map.html

大きな地図で見る

メッセージとシェアで
応援をよろしくおねがいします!