2021年8月【通信製菓(修了生対象】プレミアムセミナー【二次募集】 二次募集は7月21日12:00より受付開始いたします。

 

ウィーン菓子を少人数で学ぶ、特別な3日間。

リニューアル前の製菓技術講座修了の方にお嬉しい、ウィーン菓子に特化した3日間のセミナーです。3日間の参加が必須となります。 

ウィーン菓子は初めての方も、少人数制の実習なのでしっかり学ぶことができますよ。
 




講師は、洋菓子技術講座の教科書『ドイツ菓子・ウィーン菓子』の著者、大庭浩男先生(エコール辻大阪、製菓マスターカレッジ教授)です。『L.ハイナー』で研修した先生による本場仕込みの技と知識を直接指導いたします!

ウィーン菓子初心者にも嬉しい少人数制、募集は16名、実習は1テーブル4名で行います。


【カリキュラム】
■8/18(水) 9:30~12:20 13:10~15:30 講習日
ザッハトルテ、シュトロイゼルクーヘン(フランボワーズ・洋ナシ)
カルディナールシュニッテン(抹茶&あづき)、カルディナール・カップケーキ(プラスチックカップ)
クネーデル&モーンヌーデルン

■8/19(木) 9:30~12:20 13:10~15:30 実習日
・カルディナールシュニッテン(抹茶&あづき)長さ25㎝大 1台(持ち帰り)
・ ザッハマッセ仕込み φ15㎝1台
・シュトロイゼルクーヘン(フランボワーズ・洋ナシ)アルミケース各4ケ(持ち帰り)
*進行状況により基礎練習を行います(ナぺ、絞り、タルト生地の伸ばし、敷き込みなど)

■8/20(金)クヌーデル 9:30~12:20 13:10~15:30 実習日
・クネーデル&モーンヌーデルンの生地作成
・ ザッハトルテの仕上げφ15㎝1台(持ち帰り)
・ クネーデル&モーンヌーデルンの作成、試食
*進行状況により基礎練習を行います(ナぺ、絞り、タルト生地の伸ばし、敷き込みなど)
 

 
ウィーンを代表するお菓子、ザッハトルテは、1814年にメッテルニヒ(当時のオーストリア外相、後の宰相)の命によりお抱え料理人のフランツ・ザッハが考案したお菓子です。チョコレート風味の別立てバター生地にアプリコットジャムで風味を添え、表面はザッハグラズールで覆います。

シュトロイゼルクーヘンは、お菓子屋さんでは売られていないザッハトルテを応用したお菓子です。「ザッハマッセ」をそのままお菓子として提供でいないか?と考え、ウィーン菓子やドイツ菓子特有のシュトロイゼルと組み合わせ、焼き上がった後はほとんど手を加えることなく仕上がります。

カルディナールシュニッテンは、伝統的なウィーン菓子の一つです。アプリコットジャムを挟んだものが古くからの定番ですが、抹茶と小豆で新しいシュニッテンに仕上げます。

クヌーデルは、じゃがいもの生地でフルーツやコンポート、ジャムなどを包んで茹でる素朴なメールシュパイゼです。モーンヌーデルンは、クヌーデルと同じ生地を麺状にしてバター風味の甘いけしの実のソースであえたデザートです。

実習の合間には、ナペや絞りなどのお菓子作りの基本練習を、参加者のレベルにあわせて指導いたします。

また、お持ち帰り用のケーキバッグは本校で準備いたします。



 

受付期間中ではありません。

申込数 / 定員 受付期間外
申込期間 2021/07/23(金) 17:00まで
料金 39,600円(1日12,000円 × 3日間 + 税別)
開催地名 エコール辻大阪
開催地住所 大阪市阿倍野区松崎町3-16-3
申込数 / 定員 受付期間外
申込期間 2021/07/23(金) 17:00まで
料金 39,600円(1日12,000円 × 3日間 + 税別)
開催地名 エコール辻大阪
開催地住所 大阪市阿倍野区松崎町3-16-3