【ZOOM開催】「アンコンシャス・バイアス」プログラム説明会

多様性を生かし、インクルージョンを実現する

このような課題をお持ちの人材育成担当の方にお勧め

●「ダイバーシティ」の施策に取り組んでいるが、目に見える成果に結びついていない
●「女性は〇〇するべき」「部下は〇〇であるべき」といった偏見を社内から減らそうとしているが、​​​​​管理職層の固定観念が強く、思うように事を進められていない
●従業員のモチベーション、エンゲージメントが低下している
●社内のハラスメントやコンプライアンスを問われそうな言動が組織として気になり始めている


セミナー内容

● 実際のワークをご体験いただくために、ブレイクアウトセッション(少人数にグループ分けをしてディスカッション)を行います。
 (業務上ディスカッションへの参加が厳しい方は、当日、ZOOM内のチャットにて「FCJ事務局」宛にご連絡ください。)

●昨今のダイバーシティの実情と事例の一部を紹介
●「アンコンシャス・バイアス」とは?
●フランクリン・コヴィーの「アンコンシャス・バイアス」に対処するためのノウハウの一部をご紹介。
●「アンコンシャス・バイアス」を単に知識として取り入れるだけではなく、それらをいかにKPIに影響を与える取り組みにしていくか、そのヒントをご紹介
 

セミナー概要

アンコンシャス・バイアスとは「無意識の偏見」であり、自分自身が気づいていないゆがんだ見方や思い込みのことです。誰もが何らかのアンコンシャス・バイアスをもっています。それ自体がすぐに問題となるわけではありませんが、ネガティブに作用すると職場の人間関係だけでなく、組織全体のパフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性があります。

フランクリン・コヴィーの新しいソリューション「アンコンシャス・バイアス」は、あなたやあなたのチームメンバーが、日常に潜むバイアスに気づき、バイアスに対処するための効果的な人間関係を構築し、勇気を出して組織全体に変化を起こせるようサポートします。

あなたのバイアスに対する理解が深まれば、あなたはチームメンバーの潜在能力を解き放つことができるようになります。あなたの価値観がアップデートされれば、あなたのチームメンバーたちも、他者に対する共感と好奇心をもって、意味のある深いつながりをはぐくむようになるでしょう。顧客や仕事の関係者たちと、今までまったく見たことのないような形でかかわることになるでしょう。今まで想像してなかったようなスピードや方法で問題が解決されていくことでしょう。

まずは、組織に存在するあらゆる要素の多様性を尊重し、その文化を育むリーダーを育成することから始めましょう。どのようにバイアスに気づき、取り組み、判断すべきかを学ぶにしたがって、組織内のメンバーのみんなが積極的に自らの意見を述べる勇気を持ち、ベストを尽くそうする企業文化が醸成されることでしょう。

 

セミナー参加者の声

● 既に、e-learningで管理職層が受講することは決まっていますが、この研修はインタラクティブ性があり、理解しやすく、学びが深まりやすいように感じました。
● 動画も分かりやすく、感情に訴えるのは良いと感じました。
● 行動の影響を意識することでハイパフォーマンス・ゾーンに属することができ、一人ひとりを尊重することで成果は高まると思います。
● 7つの習慣に絡めて、現在の社内施策に加えた+αで検討したい。
​​​​​​
 

紹介動画

申し込みフォーム

会社名必須

従業員数必須

所属部署必須

役職必須

名前必須

ふりがな必須

電話番号必須

※当日連絡のつく電話番号を入力ください

メールアドレス必須

企業ドメインのメールアドレスを記入ください。

メールアドレス(確認用)必須

参加目的必須

参加日を選択する

必須

※人材育成担当の方向けです。
※自己啓発・同業者様のお申し込みはご遠慮いただいております。

お連れ様1

所属部署必須

役職必須

名前必須

ふりがな必須

メールアドレス必須

企業ドメインのメールアドレスを記入ください。

メールアドレス(確認用)

参加日を選択する

必須

※人材育成担当の方向けです。
※自己啓発・同業者様のお申し込みはご遠慮いただいております。

※最大 1 名まで一度にお申込みいただけます。


申し込みフォーム

ただいま、申し込み受付中です。

申し込む
申込数 / 定員
3 / 52人
申込期間
2022/03/02(水) 17:00 まで
あと 82日
開催日時
料金
無料
開催地名
ZOOM 開催
主催者
フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社
事務局
問合せ先
事務局へ問い合わせる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNS・ブログ・メール等にURLを貼り付けてご利用ください

このページのタイトルとURLをコピー