身体にやさしい脳神経外科医療の今 ―脳腫瘍になったら?老いをサポートする低侵襲治療―


読売新聞社主催 市民公開講座
 

身体にやさしい
脳神経外科医療の今

―脳腫瘍になったら?老いをサポートする低侵襲治療―

【日時】
2018年4月29日(日)
13:00~15:40(開場12:30)
【会場】
アクロス福岡イベントホール
(福岡市中央区天神1-1-1 地下2階)
【アクセス】
  • 西鉄福岡(天神)駅から徒歩10分
  • 地下鉄空港線天神駅東口から徒歩3分
  • 地下鉄七隈線天神南駅5番出口から徒歩3分
【講演テーマ】
  1. 「ここまでできる脳血管内治療」

福岡脳神経外科病院 院長
風川 清 先生

  1. 「脳を守る最新の脳腫瘍治療」

熊本大学医学部附属病院 脳神経外科 准教授
矢野 茂敏 先生

  1. 「腰痛・頸の最新治療」

うちかど脳神経外科クリニック 院長
内門 久明 先生

  1. パネルディスカッション・Q&A
     コーディネーター:ごう脳神経外科クリニック 院長
     呉 義憲 先生

【お問い合わせ】
読売新聞西部本社広告局
「脳神経外科医療の今」係
TEL.092-715-5847
(平日のみ10:00~17:00)

申し込みの受付は終了いたしました。

定員 500人
申込終了日 2018/04/20 00:00まで
開催日 2018/04/29 13:00 〜 2018/04/29 15:40
カレンダーに追加 Google Mac (ics)
料金 無料
主催者名 読売新聞西部本社
住所 福岡市中央区天神1-1-1 地下2階
開催場所 アクロス福岡 イベントホール
開催場所URL

大きな地図で見る

メッセージとシェアで
応援をよろしくおねがいします!