【限定10名】熱田神宮&伊勢神宮参拝  ふわこういちろう先生の古事記解説付きツアー 日本人の心のふるさとへ、ユル‟ふわ”ツアー。

日本人の心のふるさとへ、ユル‟ふわ”ツアー。【限定10名】

 
イラストレーター/まんが古事記の著者『ふわこういちろう』先生
伝説の愛され編集長「かざひの文庫」代表取締役の『磐崎 文彰』さん
エバーグリーン・パブリッシングCEOの了戒翔太、この3名と行く


 



~熱田神宮&伊勢神宮参拝~
ふわこういちろう先生の古事記解説付きユル‟ふわ”ツアー!



開催日:2018年7月18日(水)~19日(木)
 


 
【ご挨拶】

エバーグリーン・パブリッシング株式会社の了戒翔太です。

伝説の編集長「磐崎文彰」さんと
イラストレーター「ふわこういちろう」さんとは、
かれこれ4年ほど前から「飲み仲間」としてお付き合いをいただいています。
 
磐崎さんを知る人は皆、例外なくその分け隔てなく誰とでも接し
ニュートラルで軽やかな人間力に魅了される。

ふわさんも意外と?お茶目で、でもすごく誠実で、
更にギャグセンスも高く面白い方です。
ハートフルで可愛いらしいイラストは、
そのまんま、ふわさんの心の中を表しているようだ。
 
 
そんな磐崎さんとふわさんのことをもっとたくさんの方に知ってもらいたい!と常々感じておりましたが
ちょうどいい機会となりました。

今回、個人的に我ら3人で熱田さん&お伊勢さんに行くことになっておりましたが、
『せっかくなら公募して数名だけ仲間を募りましょう』という話しとなり・・・

今回このイベントをリリースするに至りました。
 
僕たち3人と一緒に神社参拝や町の探索をして、
ご飯食べて解散という、かなりゆるめの企画です。

初日は名古屋の熱田神宮参拝後、現存する最古の古事記がある大須観音へ、
その後、ふわさんの実家がある大須商店街でぶらりして喫茶店で古事記のお話会。
その後お時間ある方は、一緒に名古屋メシでも食べにいきましょう。


翌日は三重県に入り、伊勢神宮(外宮)へ。
お昼におかげ横丁、伊勢神宮の内宮からの猿田彦神社へ。
更に、時間ある方は居酒屋でシッポリと行きましょう。

 
実は、いつも「東京DEEP酒場旅」と称して、
我ら3人を主軸メンバーとした飲み会を催しておりますが
今回はスピンオフ企画です。


 
ふわさんは「愛と涙と勇気の神様ものがたり まんが古事記」




「深読み古事記~日本の神話と古代史が100倍おもしろくなる!~」



の著者であり、磐崎さんは両書をプロデュースされました。※僕は単なる一読者です(笑)

そんなお二人と共に行く神社参拝も、
きっと今までにない特別な経験になること必至です!
 
 
★まさにユルふわ!現地集合!自由解散!夕方からビール!
 
7月18日(水)熱田神宮同行参拝&古事記解説付き! 
7月19日(木)伊勢神宮参拝&古事記解説付き! 
 
【名古屋・熱田神宮】1日だけ参加のご縁料:12,800円(税込)※満席になりました。
【三重・伊勢神宮】1日だけ参加のご縁料:10,800円(税込)
両日参加のご縁料:20,000円(税込)※満席になりました。
 
★ふわこういちろうがイラストを手掛ける
『深読み古事記』日本の神話と古代史が100倍おもしろくなる!(かざひの文庫)を
参加者全員にもれなくプレゼント!
※ふわ先生のイラスト&サイン付き!


 
各日、いずれかだけの参加でもOKです。
しかし、二日間パックでお申し込みいただくと少しオトクになります!

各日、限定10名となっておりますので予めご了承ください。
※初穂料や飲食代、交通宿泊費などは全てお客様負担になります。

 

 
 
 
 
**********************

【スケジュール】

※あくまでも予定です。当日の交通状況や
参加人数によって異なる場合があります。


**********************

★18日(水)
 
10:00 熱田神宮正門(南門)に集合

↓参拝⇒移動

11:30 昼食うなぎのやっこ (https://tabelog.com/aichi/A2301/A230105/23002035/)
※テレビドラマにも使われた店です。

↓移動

13:00 大須観音(http://www.osu-kannon.jp/)参拝
※大須観音は現存する最古の古事記があるところでもあります。

↓移動

14:00 大須商店街(http://osu.co.jp/)探索
※ふわ先生のご実家の呉服店も商店街にあります。

↓移動

15:30 喫茶店コンパル(http://www.konparu.co.jp/)か、大須商店街にあるふわさんのご実家の呉服店で
※お茶しながら、ふわ先生の古事記話し

↓終了

16:30  その後、僕ら3名は飲みに行きます。
風来坊(http://www.furaibou.com/index.htm)か
大甚 本店(https://tabelog.com/aichi/A2301/A230102/23000102/

で飲み会です。まあ、ハシゴして両方いくかも(笑)一緒に行ける方はぜひ。

 
 
**********************

★19日(木)
 
10:00 伊勢神宮(外宮)集合(入ってスグの火除橋)

↓参拝⇒移動

12:00 おかげ横丁にてご昼食(会場は未定)

↓移動

14:00 伊勢神宮(内宮)参拝

↓移動

15:30 猿田彦神社参拝



16:30 自由解散
※その後、僕ら3名は飲みに行きます。一緒に行ける方は是非!

予定居酒屋:一月家(https://tabelog.com/mie/A2403/A240301/24005542/
 

**********************
 
 
【みんなのプロフィール】
 
 
★ふわこういちろう
―――――――――
 
 
1977年、愛知県生まれ。イラストレーター。
地元の芸大卒業後、上京し就職。
28歳の時フリーのイラストレーターに転身。
 
雑誌・書籍・テレビなど幅広く活動中。
携わった本は100冊以上。
 
桜井進『わくわく数の世界の大冒険』シリーズ(日本図書センター)は累計20万部突破。
毎日小学生新聞連載、宝塚歌劇団・宙組「パラダイスプリンス」キャラクター制作など。
2015年秋発表 ウルトラマンのアートライン 「私のウルトラマン。」イラストを担当
 

★磐﨑文彰(いわさきふみあき)
―――――――――――――――

 
1968年4月8日生まれ。東京生まれの千葉育ち。
青山学院大学文学部教育学科卒。
子供のころからの夢だった小学校教員になるべく東京都の
教員採用試験を受けるものの採用試験に不合格。
 
いわゆる普通のサラリーマンにはなりたくなかったので、
そのままアルバイトをしていた出版社に就職。
週刊誌(男性週刊誌)の編集を始める。
が、入社して3か月後にその雑誌が休刊(事実上の廃刊)。
 
その週刊誌だけをやっていた会社だったので他に仕事はなく、
創刊準備という名目で飼い殺しとなり、
することもないので人のいない編集部でギターを弾いたり
映画を見に行ったりして優雅に数か月を過ごす。
 
やがて新雑誌創刊となり、隔週雑誌の編集部で働き始める。
が、この雑誌も1年ももたずに廃刊。
先輩と一緒にタレント雑誌を発行している出版社へ転職。
 
仕事内容は芸能人の撮影やインタビューなど。
3年くらいつつがなく過ごすものの、
ちょっとした事件があり退職。
 
フリーとして働き始める。タレント雑誌の編集部に編集部員として席を置きながら、
タレントインタビューやブッキング、グラビア撮影コーディネートなど
様々な媒体で仕事を行う。このとき、人見知り&話下手というライターとしては
致命的な自分の欠点に改めて気づかされる。これ以降、ライターではなく
編集者として生きていこうと心に決める。
 
2年くらいつつがなく過ごすものの、
グラビアを担当していたマンガ雑誌と席を置いていたタレント雑誌が相次いで廃刊。
原稿を書かせてもらっていた月刊誌も廃刊するなど、
自分の雑誌運のなさに気づき始める。
「いわさきの後にはぺんぺん草も生えない」などと友人に揶揄される。
 
フリーとして数か月働いたのち、先輩にタレント雑誌の創刊のために
呼ばれ久しぶりに社員となる。が、
この雑誌も1年ももたずに休刊。自分の人生を呪いたくなる。
編集部員がバラバラになる中、
同じ会社で出している女性向けアイドル雑誌に異動。
これを3年近く続け、毎月同じ仕事の繰り返しにやり甲斐をなくし、
書籍編集部への移動を社長に直訴。
認められて書籍編集の仕事を始めるようになる。
 
最初に作った本は、当時50歳超にして
17年連続ナンバー1という赤羽のキャバレーのホステスさんの回想録。
よく企画が通ったものだと思う。当然あまり売れなかった。
その後いろいろあり、ベテラン編集者が続々と退社していき、
気がつけば最年長となり副編集長へ。
韓国ブームにのっかた本が大ヒットし、
その後も関連企画がヒットして、空席だった編集長へ就任。
 
しかしそれとともに仕事は中間管理職的なものとなり、
徐々にストレスを抱えるようになる。
そして人生の転機が訪れる。
仕事関係で付き合いのあった人が外資系出版社の社長に
ヘッドハンティングされ、その人に誘われて11年務めた会社を退社。
これが最後の転職と心に決め、ノンフィクション編集部の編集長に就任。
アメリカの世界一の出版社と日本一の出版社の合資会社だったため
潰れることはないだろうと安心してたら、
3年後になんと倒産。出版業界の諸行無常を感じるとともに、
人に自分の運命を左右されることに疑問を感じて独立を決意。
 
アセンションの年である2012年の12月に倒産し、
翌年4月に「株式会社かざひの文庫」設立。名
刺を渡すとたいていの人に「これ、なんて意味ですか?」と聞かれ、
若干めんどくさい。伊勢神宮の「風日祈宮」(かざひのみのみや)から勝手にいただきました。
命を吹き込む「風」と命を育てる「太陽(日)」で、「風日文庫」です。
「商いは牛の涎」という言葉を励みに、日々精進しております。
 
 
 
★了戒翔太(りょうかい・しょうた)
―――――――――――――――――
 
 
クリエイティブ・ディレクター/出版販促プロデューサー/プロダクトマネジャー/
ミュージシャン/音楽アーティストのプロデューサー
 
・エバーグリーン・パブリッシング株式会社 代表取締役
・ギフトコミュニケーションズ株式会社 代表取締役
・一般社団法人ギフトジャパン 理事
 
 
1985年東京生まれ。
高校一学年を終え、家計を助ける為に夜間定時制に編入。
日中は寿司屋、クリーニング店でのアルバイトを掛け持ちしながら勉学に励む。
 
卒業後はアパレル販売員を経て本田技研工業関連会社に入社。
全国3000店舗のHONDA関連企業で開催されるコンサルプレゼン(QCサークル)にて
2012年「最優秀賞」の全国1位を受賞。
 
2013年、札幌のマーケティング会社に転職。
同社内にて出版部門の立ち上げに参画。
平均80名を動員するビジネスセミナーを毎月開催。
 
『ユダヤ人大富豪の教え』などで知られるミリオンセラー作家本田健氏の講演会に
700名の集客に成功するなど、ビジネスセミナー不毛の地にセミナーブームを巻き起こす。
 
出版物の販促プロデュースを支援する専門家として、
手掛けたプロデュースは累計100万部を超え、
重版率7%未満と低迷している出版業界で増刷成功率は87.2%は異例。
 
その実績から設立初年度からサンマーク出版、河出書房新社、KADOKAWAをはじめとした
業界をリードする出版社からのオファーが絶えない。
創業2年目には、たった3名での会社で年商1億円を超え、
最も勢いのある若手経営者として注目を集める。
 
ライフワークとして、盟友・田中克成が考案した
非言語コミュニケーショントランプカードゲームGIFTを
日本から世界に輸出するべく、
ギフトコミュニケーションズ株式会社を2015年8月に立ち上げ代表取締役に就任。
 
独自開発のトランプゲーム体験会は全国各地で人気を博し、
設立からわずか1年で累計2000名以上を動員し、
スイスやオランダでもネットを通じ話題になる。
同社理念に賛同した70名のファシリテーターを有する急成長を遂げる。
 
2016年3月、神の住む島といわれる沖縄県「久高島」で出会ったメンバーと
音楽バンド「コズモクダカ」を結成。ヴォーカル兼作曲を担当する。
 
同年10月、エバーグリーン・パブリッシング株式会社を設立。
活字と音楽の融合を果たすべく同社で自身の所属するバンドの音源が収録された
CDブック「そらのレコード」を発売。
書店には流通しない独自の販路を見出し発売3カ月で1500枚を販売する。
 
2017年、ミュージシャンのプロデュースを本格的に
手掛け、自身も音源制作やライブを重ねエンターテインメント業界からも注目を浴びる。
 
あらゆる表現形態を駆使し、情報提供を通じて、
一人ひとりが自分らしい人生を謳歌する社会を目指すべく精力的に活動している。
 
*********************************


最後までお読みいただき
ありがとうございます。

それでは、熱田神宮&伊勢神宮で会いましょう!

 

申し込みの受付は終了いたしました。

定員 20人
申込終了日 2018/07/16 19:40まで
開催日 開始 : 2018/07/18 10:00
終了 : 2018/07/19 16:30
カレンダーに追加 Google Mac (ics)
料金 7月18日(水)熱田神宮同行参拝&古事記解説付き! 
7月19日(木)伊勢神宮参拝&古事記解説付き! 

【名古屋・熱田神宮】1日だけ参加のご縁料:12,800円(税込)※満席
【三重・伊勢神宮】1日だけ参加のご縁料:10,800円(税込)
両日参加のご縁料:20,000円(税込)※満席
主催者名 エバーグリーン・パブリッシング株式会社
住所 愛知県&三重県
開催場所 熱田神宮&伊勢神宮
問い合わせ先 主催者へ問い合わせする

「コピー」ボタンをクリックすると、当ページのイベントタイトルとURLがコピーされます

※Facebook・ブログ・メール等にURLを貼り付けてご利用下さい