ダンス瞑想会 ~音と一つになる~

音には独自のバイブレーションがあります。もちろん自分にもバイブレーションがある。この音と自分のバイブレーションが共振共鳴した時にダンスは自然と起こってきます。これが瞑想としてのダンスです。

ダンスといえば、音が鳴り始めると同時に皆が動き始めるもの。
しかし、ダンス瞑想会では音を感じ、音と繋がる瞬間を待ちます。


ダンスは内側から起こり、やがてはダンスをする者がいなくなり、ただダンスだけがそこに在る。
ああしよう、こうしようと動きをコントロールする者が溶け去り、 その空白となったところに宿る動き。

この行為者なき行為が、老子のいう "無為の為" であるであるのかもしれません 。

自分の内側に起こっている動きが身体を通じてダンスとして表現されるだけです。
そこには個性だけが存在し、上手いとか下手という概念は存在しません。   


ですからダンス経験や運動経験問わず、どなたでもご参加いただけます。

【開催概要】

開催日程 : 2019年1月26日(土)
開催時間 : 12時30分~14時30分 (開場12時30分)
開催場所 : 東京都目黒区碑文谷5-25-10 ノアビル22 2F Bスタジオ (更衣室あり)
定員   :12 名
参加費  : 4,000円 (当日持参払い)

【プログラム】
1.ウォーミングアップ
身体の軸を作り、身体全体に動きを起こりやすくするスーフィーの技法からダンス瞑想会が始まります。

2.エネルギーワーク
身体を正確に制御して動きを作るダンスではなく、瞑想としてのダンスは、形はなく内側のエネルギーが自由に身体を動かします。

凝り固まった身体とエネルギーを自由に動かしていくワーク。また、足の裏がしっかりと大地にコネクトする感覚をも養います。

内側から起こる動きは時にダイナミックで制御不能ですが、足の裏への意識があれば、倒れることもなく躍動的な動きへとつながることでしょう。

3.ダンス
瞑想としてのダンスには踊り方などありません。
音を感じながら、音とつながる瞬間を待ちます。

音とつながることが起きれば、身体は自発的に動き出し、結果としてそれがダンスとなります。

内側から湧き出る動きには人によって個性があり、正しいとか間違っているということはありません。

それぞれの魂が現れて、全ての個人が独創的な動きをする。人の踊りを気にすることには意味がなく、ただ自分自身であることが問われてくることでしょう。

4.瞑想
ただひたすらに踊った後は、一人静寂な時間へと入ります。内側に起こっている感覚を静かに観照します。

※同日16時からは、旋回瞑想会~天地をつなぐ螺旋~を開催
https://www.event-form.jp/event/4312/wcAyKD3xqVp9/

〇リンクナチュラル瞑想会HP
https://www.link-natural.com/event/

【ファシリテーター】   
須藤 昇(メディテーションキャンドル作り手)
神奈川県藤沢市出身
世界最大級の脳力開発企業にて成功哲学を伝えるインストラクターとして数百名を超えるクライアントを担当。事業部の支店統括などに従事したが、なぜ成功しなければならないのか?大多数を占める失敗者と言われる人間に存在意義がないのか?という疑問を払しょくできず、成功哲学から挫折。

成功と失敗、光と闇などの二元性を越えた中心に根差した道を歩む。禅寺や洞窟での坐禅、滝や川での水行、ダンスメディテーション、スーフィー、タントラ、修験道の根本道場である大峯奥駈道縦走などジャンルを問わず幅広く行を重ねている。

申し込みの受付は終了いたしました。

定員 12人
申込終了日 2019/01/26 10:00まで
開催日 開始 : 2019/01/26 13:30
終了 : 2019/01/26 15:30
カレンダーに追加 Google Mac (ics)
料金 4000
主催者名 須藤 昇
住所 東京都目黒区碑文谷5-25-10
開催場所 ノアビル22 2F Bスタジオ
開催場所URL https://www.noahstudio.jp/shop/gakugeidai/
問い合わせ先 主催者へ問い合わせする

「コピー」ボタンをクリックすると、当ページのイベントタイトルとURLがコピーされます

※Facebook・ブログ・メール等にURLを貼り付けてご利用下さい