旋回瞑想会 ~天地をつなぐ螺旋~

旋回瞑想会~天地をつなぐ螺旋となる~【初めての旋回講座】

旋回とはフィギアスケーターのようにクルクルと回り続ける瞑想で、宇宙との一体化を図る技法とれています。旋回は中東を中心に行わていますが、インドや日本、中国の仙道などにおいても取り入れられており、世界中で取り組まれてきた瞑想の技法です。

マクロの観点では地球そのものが公転して旋回していますし、ミクロの観点では物質を構成する原子も電子が原子核を回転することで成り立っています。物質も非物質もすべては回転をし続けています。

いま注目のフリーエネルギーも螺旋に組んだコイルを使いますし、マクロビの調理法においても回転を使い料理のエネルギーを高めています。自らの身体そのものを旋回させることで生命力を高め、宇宙との一体化を図るとても強力な技法です。

子供のころはよくグルグルと回っていたとか、ウチの子供がよく旋回しているという、話しをよく耳にします。子供は誰に習うことなく、体感覚として旋回の持つ意味を知っているのでしょう。

とても強力で魅力の多い旋回ですが、旋回によって目が回ってしまうことに不安を持たれる方が多いものです。しかし、旋回にはコツがあります。このコツを掴めないで旋回していれば、目が回るのは当たり前のことです。目が回るというくらいですから、一つ目のポイントは目がかかわります。

扇風機の羽が回転しているところを見ていても、目が回ることはありません。しかし、扇風機が止まりかけてゆっくりしたスピードの羽を見続けると目が回ります。視点の合わせ方次第で、目が回らないようにできるのです。そして、身体の軸が整っていなければ、ズレが生じて不安定さにより気分がすぐれなくなることもあります。目の使い方や正中線を整えること、そして何より呼吸を中心として旋回することで、旋回の中に没頭していくことができます。

強力な瞑想技法である旋回をまずは好きになってもらうことが、今回の旋回瞑想会の目的になります。ゆっくりとしたところから始めていき、回ることそのものの楽しさ、没頭するして何も考えられなくなる気持ち良さを知ってもらいたいと思い開催いたします。

【開催概要】
名称   : 旋回瞑想会~天地をつなぐ螺旋~
      【初めての旋回講座】
開催日程 : 2019年1月26日(土)
開催時間 : 16時~18時 (開場15時50分)
開催場所 : 東京都目黒区碑文谷5-25-10
      ノアビル22 2F Bスタジオ
定員   :7名
参加費  : 4,000円 ※当日持参払い
     (同日開催のダンス瞑想会参加者は3,000円)


【瞑想プログラム】
1.旋回のポイントについて説明
・目が回る仕組み
・旋回における呼吸の重要性
・足の裏で大地としっかりとコネクトすること…etc

2.呼吸の技法
スーフィーの技法からマントラと呼吸を使った瞑想を行います。
 
3.正中線を整える行
スーフィーまたは中国仙道などの行法から正中線を整える行を行います。

4.旋回
呼吸によりライフエナジーを高め、正中線を整えてから旋回に入ります。急がずゆっくりとした旋回から入ります。呼吸の中に没頭していくことで、身体が消えてただ呼吸だけがあるという境地へ。

※同日13時半-15時半までダンス瞑想会~音と一つになる~開催
https://www.event-form.jp/event/4311/xNj8Dacd

〇リンクナチュラル瞑想会HP
https://www.link-natural.com/event/

【ファシリテーター】   
須藤 昇(メディテーションキャンドル作り手)
神奈川県藤沢市出身
世界最大級の脳力開発企業にて成功哲学を伝えるインストラクターとして数百名を超えるクライアントを担当。事業部の支店統括などに従事したが、なぜ成功しなければならないのか?大多数を占める失敗者と言われる人間に存在意義がないのか?という疑問を払しょくできず、成功哲学から挫折。

成功と失敗、光と闇などの二元性を越えた中心に根差した道を歩む。禅寺や洞窟での坐禅、滝や川での水行、ダンスメディテーション、スーフィー、タントラ、修験道の根本道場である大峯奥駈道縦走などジャンルを問わず幅広く行を重ねている。

ただいま、申し込み受付中です。

定員 7人
申込終了日 2019/01/26 11:00まで
(あと 7日)
開催日 開始 : 2019/01/26 16:00
終了 : 2019/01/26 18:00
カレンダーに追加 Google Mac (ics)
料金 4000
主催者名 須藤 昇
住所 東京都目黒区碑文谷5-25-10
開催場所 ノアビル22 2F Bスタジオ
開催場所URL https://www.noahstudio.jp/shop/gakugeidai/
問い合わせ先 主催者へ問い合わせする

お名前必須

ふりがな必須

メールアドレス必須

携帯アドレスでお申込みの方は send@event-form.jp からのメールを 受信許可設定してください。

メールアドレス必須
(確認用)

メッセージとシェアで
応援をよろしくおねがいします!