3/26 楽に、楽しく導入できるアクティブラーニング授業 ~生徒も教員もアクティブな授業づくり~



「定期テスト、評価、大学受験がなかったとして、自分の授業は生徒にとって聞く価値があるのか?」
「授業でどのような力を生徒に身につけさせたいのか」これらの問いから見直しを図った授業法を
ベースに、今回のセミナーでは目的から逆算して授業デザインへの落とし込み方を
皆さんで考えたいと思います。

日程:2019年3月26日(火) 13:30~16:30(開場 13:00)
会場:ジャパンライムセミナースタジオ
受講料:4,320円(税込)

■内容

授業担当者は「ティーチャー」だけでなく、「場のデザイン」や「カリキュラムデザイン」、
「タイムマネジメント」など「学びのプロデューサー」としての意識をもたなければなりません。
まずは先生方が授業づくりを楽しむことが大切です。
今回のセミナーでは、聖学院中学校・高等学校で実施している、テレビ取材・放送された授業法を、
実際に参加者の方々に体験していただきます。その後、どのようにこの授業を作成するに至ったのかを
ご説明致します。さらに全国でアクティブラーニング型授業導入の研修講師・講演をされている、
産業能率大学の皆川先生(元高校教諭)にご講義をいただき、授業デザインについて考えます。
上記受講後、参加者間での意見交換、ディスカッションにより、より良い授業法を全員で検討します。

※様々な教科で導入可能な授業法ですが、今回は現代社会の授業実践と、新学習指導要領「公共」の
導入準備・対策を題材に予定しています。 


 

■ 講師



日野田 昌士(ひのだ まさと)先生
聖学院中学校・高等学校 進路指導部部長、社会科主任


クエストカップ2015でグランプリ、キャリア甲子園2015で決勝ステージに進出したチームを指導。
生徒会顧問を担当時に、体育祭の運営を教員主導から生徒主導へと転換。
生徒のみで企画・運営する姿を見て、生徒の力を信じる可能性を痛感。
その後、生徒を起点とする授業づくりを心掛ける。インプットとアウトプットのバランスを考えた
授業、カリキュラム設計を日々考えている。






皆川 雅樹(みながわ まさき)先生
産業能率大学 経営学部 准教授


神奈川・東京の私立高校で地理歴史科の教員として11年間勤務後、2016年4月より産業能率大学勤務。
高校教員時代は、進路学習指導を中心に、キャリア教育や授業改善に取り組み、
その中で日本史のアクティブラーニング型授業や選択授業「チーム・組織を考える」という
ファシリテーション・チームビルディング・KP法(紙芝居プレゼンテーション法)などの
スキルとマインドを大切にする授業を構築。

著書

『古代日本と興亡の東アジア(古代文学と隣接諸学1)』(共著、竹林舎、2018年)
『アクティブラーニングに導くKP法実践 -教室で活用できる紙芝居プレゼンテーション法-』
(共編著、みくに出版、2016年)他、多数


 


■お申し込み方法

1. ページ下部にある申込みフォームに必要事項を入力して送信してください。

2. 自動返信メールで受講料の入金方法をお知らせします。

3. 受講料をお支払いください。

4. ご入金確認後、開催日の1週間前を目安に受講票をメール送信します。
  受講票は当日会場受付でご提示ください。


【 ご注意事項 】
※一度お振込頂いた受講料のご返金は致しかねますのでご了承ください。
※ご利用のセキュリティソフトやメールソフトに、迷惑メール防止機能が付いている
場合や、携帯電話・スマートフォンでメールを受信する場合、迷惑メールフォルダや
ゴミ箱に自動振り分けされたり、削除される可能性があります。
あらかじめ下記のドメインを受信可能なドメインとして設定の上お申し込みください。

japanlaim.co.jp / send@event-form.jp

尚、ご登録いただいたメールアドレスには、ジャパンライムからのご案内をさせていただきます。

申し込みの受付は終了いたしました。

定員 30人
申込終了日時 2019/03/26 13:00まで
開催日時
料金 4,320円(税込)
主催者名 ジャパンライム 株式会社
住所 東京都文京区本郷4-2-8 フローラビル3F
開催場所 ジャパンライムセミナースタジオ
問い合わせ先 主催者へ問い合わせする
定員 30人
申込終了日時 2019/03/26 13:00まで
開催日時
料金 4,320円(税込)
主催者名 ジャパンライム 株式会社
住所 東京都文京区本郷4-2-8 フローラビル3F
開催場所 ジャパンライムセミナースタジオ
問い合わせ先 主催者へ問い合わせする

「コピー」ボタンをクリックすると、当ページのイベントタイトルとURLがコピーされます

※Facebook・ブログ・メール等にURLを貼り付けてご利用下さい