5/12通し 発達性読み書き障害(ディスレクシア)/思春期からの自立を目指す


<はじめにお読みください>

こちらは、5月12日開催セミナーの通し受講のお申込ページです。
午前または午後のみの受講の場合は、下記ページからお申込ください。


■5/12午前『発達性読み書き障害(ディスレクシア):どうやって見つけてどうやってトレーニングする?』
 お申込ページ 

■5/12午後『発達障害:思春期からの自立を目指す/生きやすさチャレンジ』
 お申込ページ 
 

<セミナー概要>

日  程: 2019年 5月12日(日)午前の部10:00-12:00/午後の部13:00-15:40
会  場: 全労連会館 2階ホール
              
東京都文京区湯島2-4-4(東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅から徒歩7分
受講料: 5,400円(税込)
講 師: 午前の部 平岩幹男先生
       午後の部 平岩幹男先生/難波寿和先生


 
 

<午前の部>

~平岩先生より~
言語的コミュニケーションには音声言語(聞く、話す)と文字言語(読む、書く)がありますが、発達性読み書き障害(ディスレクシア)は音声言語の遅れは明らかではないにもかかわらず、文字言語が苦手であることが特徴です。
多くは小学校に入ってから国語力が身につかないことで「発見されるはず」ですが、国語力が低いと「知的な遅れ」として扱われることがしばしばです。
本来、知的には異常はありませんので、どうやって見つけるか、そしてトレーニングによって改善することが多く、どうやってトレーニングするかがポイントになります。


■講師

 


      平岩幹男 先生    


国立研究開発法人国立成育医療研究センター 理事
日本小児保健協会 常任理事・副会長
東京大学医学部小児科 非常勤講師
Rabbit Developmental Research 代表

【著書等】
・ディスレクシア 発達性読み書き障害 トレーニング・ブック(合同出版)
・イラストでわかる発達が気になる子のライフスキルトレーニング: 「できた!」を増やす対応法 幼児期~学童期編(合同出版)
・ゆっくりよみかきトレーニング: 発達障害・ひらがなが苦手 どの子も伸ばす(監修)(小学館)
・発達障害の子が自立するために身につけておきたい大切なこと(PHP研究所)
他多数。


<午後の部>


この講演では、「思春期からの自立」をテーマに、平岩幹男先生と難波寿和先生にご講演いただきます。三部構成で、最後には対談を予定しております。

 ■第一部:発達障害:思春期からの自立を目指す 
 13:00~13:45 
講師:平岩幹男 先生

発達障害を抱えていると思春期には不登校をはじめとするさまざまな二次障害が見られることもあり、そうした行動に周囲が振り回されてしまうこともあります。
思春期の困りごとに対処するだけではなく、成人期にどうやって自立するかを考えて、そのための手立てを考えていくことも必要です。
自立に向けては思春期からトレーニングしておいた方がよいこと、知っておいた方がよいこともたくさんあります。そのうちの一部をご紹介します。
みんなで将来の自立について考えるためのヒントになれば幸いです。


 ■第二部:生きやすさチャレンジ~発達障害当事者&支援者の声 
 14:00~14:45 

講師:難波寿和 先生
発達障害者の自分らしい生き方とは何か?生き易く生きるとはどういうことか?今まで怠けていると思われたり、誤解されたり、叱責を受けてきたり、生きづらさ満載だった状況から、いったいどんな生き方ができるのかを語ります。
また、支援者として、発達障害の人たちやその家族との関わりの中で、尊重しながら能力を伸ばす、チャレンジの方法をお話します。


 ■第三部:対談 
 15:00~15:40 
講師:平岩幹男 先生 / 難波寿和 先生

 


■講師

 


      平岩幹男 先生   


国立研究開発法人国立成育医療研究センター 理事
日本小児保健協会 常任理事・副会長
東京大学医学部小児科 非常勤講師
Rabbit Developmental Research 代表

【著書等】
・ディスレクシア 発達性読み書き障害 トレーニング・ブック(合同出版)
・イラストでわかる発達が気になる子のライフスキルトレーニング: 「できた!」を増やす対応法 幼児期~学童期編(合同出版)
・ゆっくりよみかきトレーニング: 発達障害・ひらがなが苦手 どの子も伸ばす(監修)(小学館)
・発達障害の子が自立するために身につけておきたい大切なこと(PHP研究所)
他多数。




      難波寿和 先生   

臨床発達心理士
発達障害児者支援サービススモステABA代表
山陰発達障害当事者会スモステの会代表
 
兵庫教育大学大学院学校教育研究化障害児教育専攻修了。
ASDと社交不安障害の診断を受けた当事者。ADHDの特性もある。
発達障害を持つ児童から思春期・成人期までの支援に携わり、心理士として、個別療育サービス、児童発達支援事業所、児童養護施設、情緒障害児短期治療施設、発達障害専門の相談機関に従事。
現在、日本特殊教育学会、日本認知行動療法学会に所属。島根県の自立支援協議会の委員、鳥取県労働局の発達障害専門指導監を委嘱を受けている。


【著書等】
・14歳からの発達障害サバイバルブック~発達障害者&支援者として伝えたいこと~(学苑社)


 

【 お申し込み方法 】

【1 ページ下部にある申込みフォームに必要事項を入力して送信してください。

2】 自動返信メールで受講料のご入金方法をお知らせします。

         自動返信メールが届かない場合にはご連絡ください。

3】 メールに記載されたいずれかの方法で受講料をご入金ください。
     
一度ご入金頂いた受講料のご返金は致しかねますのでご了承ください。

4】 ご入金を確認しましたらその旨メールで連絡いたします。
   QRコード付き受講票は1週間前にメールでお送りします。
   受講票を印刷して当日ご持参いただくか、スマホ等でQRコードをご提示ください。


【 ご注意事項 】
※ご利用のセキュリティソフトやメールソフトに、迷惑メール防止機能が付いている場合や、携帯電話・スマートフォンでメールを受信する場合、迷惑メールフォルダやゴミ箱に自動振り分けされたり、削除される可能性があります。
あらかじめ下記のドメインを受信可能なドメインとして設定の上お申し込みください。
@japanlaim.co.jp  send@event-form.jp

尚、ご登録いただいたメールアドレスには、ジャパンライムからのご案内をさせていただきます。

※受講料のご入金をもって
正式な受付完了とさせていただきます。

 注意事項 

・お子様連れでのご参加はご遠慮ください。
 また、会場内に託児室はございません。ご了承ください。
 
・講演中の撮影・録音は禁止しております。
 スマホ等でスクリーンを撮影することもご遠慮ください。


 お問合せに関して 

[受付時間]平日9:00~17:00
土日祝日は、翌営業日以降の対応となりますのでご了承ください


申し込みの受付は終了いたしました。

定員 150人
申込終了日 2019/05/10 14:00まで
開催日 開始 : 2019/05/12 10:00
終了 : 2019/05/12 15:40
カレンダーに追加 Google Mac (ics)
料金 5,400円(税込)
主催者名 ジャパンライム株式会社
住所 東京都文京区湯島2-4-4
開催場所 全労連会館 2階ホール
問い合わせ先 主催者へ問い合わせする

「コピー」ボタンをクリックすると、当ページのイベントタイトルとURLがコピーされます

※Facebook・ブログ・メール等にURLを貼り付けてご利用下さい