おもてなし心理学協会 ナビゲーター認定講座

こんにちは。
おもてなし心理学協会の網野麻理です。

私は、新卒でクレジットカード会社へ入社し、最初に配属となったのが、ゴールドカードやプラチナカード、ブラックカードなどと呼ばれているプレミアムカードをお持ちのお客様のコンシェルジュデスクでした。
単に、お客様の問い合わせに対応するだけではなく、お客様の言葉の裏側にある気持ちや、真のニーズをくみ取り、お客様の「期待以上」に応えていくことが仕事でした。
そのためには、お客様のことを誰より理解し、心に寄り添うことが必要でした。
「この人は、自分のことをわかってくれている」
「この人は、言わなくてもやってくれる」
そんな風に思ってもらい、ファンになってもらうためにはどうしたらいいか。
そんなことを試行錯誤してきた日々でした。

一方で、お客様へのおもてなしと同時に、自分の心をもてなすことも大切なことだと気付きました。

以前の私は、自信がなく、自分の強みもわからない。
心にぽっかり穴が空いているような状態でした。
仕事も順調でしたし、家族にも友人にも恵まれていたのに、「何かが足りない。」常にそう感じる自分がいました。
その穴を埋めるために、様々なところへ足を運びました。セミナーや勉強会に行ったり、異業種交流会やランチ会に行ったり。外の世界を知ることで自分の穴を埋めようとしたのです。
資格の勉強もしました。自分には欠けているものが多いと思い込んでいたからです。本を読んだり通信講座を受講したり、新たな知識を得ることで、足りない何かを補うことができる。そう思っていたのです。そして誰かに承認してもらうことで、自分の価値や存在意義を確かめていたのです。

しかし、心の穴は一向に埋まりませんでした。
「何かが足りない」という気持ちはいつまでたっても満たされることはありませんでした。

そんな時に出会ったのが、「自分の掘り起こしをする」というやりかたでした。
自分の過去を振り返り、どんな経験をし、何を身につけてきたのか。一貫性のある自分軸をみつけるために、必死に内省しました。

そしてその結果、あることに気づいたのです。それは「既に私は持っていた」ということです。
足りないと思い、それを埋めるために外に目を向けていましたが、自分に目を向けるようになった途端、誰にも負けない自分の強み。
本当にやりたいこと。自分を支えていた一貫性のある軸。それらが見つかり、自分で自分を満たすことができるようになったのです。
そして、自分のことが理解できるようになると、周囲の人たちの「強み」や「らしさ」も、どんどん見つけることができるようになりました。その人たちの「心」に寄り添い、その人たちが自分らしく生きることを応援していくことが、自分のミッションであるということにも気付きました。

「おもてなし」とは。
様々な意味で用いられていますが、私は「人の心に寄り添うこと」と定義しています。
しかし本当の意味で、人におもてなしができる人は、まず自分自身のことを理解し、自分で自分をもてなす方法を知っている人であると考えています。

このナビゲーター講座では、まず自分を理解する方法を様々な視点でお伝えしていきます。
誰にも負けない強み、心の中から湧き上がる自信。それらを手に入れ、自分の本当に満足のいく人生を歩みませんか。
そして、あなたの周りの皆さんにも、その方法をお伝えし幸せに導くお手伝いをしていきませんか。

申し込みの受付は終了いたしました。

定員 受付期間外
申込終了日時 2015/12/24 10:30まで
開催日時
主催者名 一般社団法人おもてなし心理学協会
住所 都内(参加者のかたへお知らせいたします)
開催場所
問い合わせ先 主催者へ問い合わせする
定員 受付期間外
申込終了日時 2015/12/24 10:30まで
開催日時
主催者名 一般社団法人おもてなし心理学協会
住所 都内(参加者のかたへお知らせいたします)
開催場所
問い合わせ先 主催者へ問い合わせする

「コピー」ボタンをクリックすると、当ページのイベントタイトルとURLがコピーされます

※Facebook・ブログ・メール等にURLを貼り付けてご利用下さい