7/28 見える!下肢の運動器系理学療法のイノベーション

 











理学療法士は様々なテクニックを使って、徒手的に体表から治療を行います。
筋肉に対してストレッチングをしたり、関節を離開したり、というテクニックを学び、
沢山練習して、臨床応用して、結果をみます。 
期待する効果がでると、〇〇筋のストレッチングで症状が変化したから、〇〇筋が問題だと考えます。
しかし、本当に〇〇筋にアプローチしていたのでしょうか? 
理学療法のテクニックを可視化することで、私たちがどこにアプローチしていたのか、
分かるようになりました。
当日は下肢関節に対する理学療法を行う際に注目すべき構造と機能、およびそれらに対するアプローチ
について、実演を交えて実施します。

 
                             《 内 容 》  

大腿直筋と小殿筋の構造と徒手療法(実技あり)

膝蓋下脂肪体の構造と機能と徒手療法

中間広筋と周囲構造と徒手療法(実技あり)

長母趾屈筋と周囲構造と徒手療法(実技あり)

   

日 程:2019年7月28日(日) 10:00~16:00(9:30開場)
場 所:
中央大学駿河台記念館2F 285号室

講 師:工藤 慎太郎(くどう しんたろう)先生
定 員:90 名
受講料:10,800円(税込)
  

<2名以上でのお申込みでお得!>
1名あたりの受講料が 10,800円 ⇒ 9,720 円(税込)に!
ぜひ職場の同僚の方やご友人と一緒にご参加ください!

 

■講師プロフィール


工藤 慎太郎(くどう しんたろう)先生
森ノ宮医療大学 保健医療学部 理学療法学科 准教授
森ノ宮医療大学大学院 保健医療学研究科 准教授
森ノ宮医療大学 卒後教育センター 副センター長


工藤 慎太郎先生のプロフィール

理学療法士、博士(医療科学)、基礎系専門理学療法士
専門は足部のバイオメカニクス、運動器疾患の応用解剖学、
客観的動作分析に基づく運動療法の開発。

< 著 書 >
・運動器疾患の「なぜ?」がわかる臨床解剖学
・運動療法の「なぜ?」がわかる超音波解剖
・運動機能障害の「なぜ?」がわかる評価戦略

  (いずれも医学書院)

<専門理学療法士制度ポイント認定講座について>
当セミナーは公益社団法人 日本理学療法士協会の専門理学療法士制度
ポイント認定講習会・研修会の認証セミナーです。
本セミナーは該当受講者様の申請により、5ポイントの履修ポイントが
得られます。


基礎理学療法専門分野 
認定領域:基礎(全領域)
※ポイント申請には、受講後にお渡しする「受講証明書」が必要となります。

 

申し込みの受付は終了いたしました。

定員 90人
申込終了日時 2019/07/25 16:00まで
開催日時
料金 ¥10,800(税込)
2名以上でお申し込みの場合、1名様あたり¥9,720(税込)
主催者名 ジャパンライム 株式会社
住所 東京都千代田区神田駿河台3-11-5
開催場所 中央大学駿河台記念館2階 285号室
問い合わせ先 主催者へ問い合わせする
定員 90人
申込終了日時 2019/07/25 16:00まで
開催日時
料金 ¥10,800(税込)
2名以上でお申し込みの場合、1名様あたり¥9,720(税込)
主催者名 ジャパンライム 株式会社
住所 東京都千代田区神田駿河台3-11-5
開催場所 中央大学駿河台記念館2階 285号室
問い合わせ先 主催者へ問い合わせする

「コピー」ボタンをクリックすると、当ページのイベントタイトルとURLがコピーされます

※Facebook・ブログ・メール等にURLを貼り付けてご利用下さい