奈良 薬師寺 大谷徹奘氏 講演会・写経会『般若心経を学ぶ』



2019年10月11日(金)仙台迎賓館 斎苑を会場に、薬師寺 副執事長 大谷徹奘(おおたにてつじょう)氏をお招きして講演会及び写経会を開催いたします。

世界遺産として名高い薬師寺。壮麗なお堂をご覧になったことがある方も多いと思いますが、実はお寺の僧侶によるユニークな“説法”も人気となっています。修学旅行で薬師寺を訪れた学生が、大人になっても「薬師寺のお坊さんの話は覚えている」と話すほど。
そのルーツは1967年から31年間にわたって管主を務めた、高田好胤師。その話術の高さから「究極の語りのエンターテイナー」と呼ばれるほどでした。
今回講演される大谷徹奘氏は、高等学校在学中17歳の時、高田好胤師に師事。現在では「心を耕そう」をスローガンに全国法話行脚を行っており、今回の講演会では『般若心経を学ぶ』というテーマでお話をいただきます。
今回は同日に写経会も開催。“お写経といえば薬師寺”と言われるほど写経が有名な薬師寺ですが、そのルーツも高田好胤師。1528年に焼失し仮堂のままだった金堂の復興に10億円の費用がかかるとわかった高田師は、浄財を集めるため、持ち前の話術を生かし、全国で説法を行い、お写経勧進に努めました。その結果、1976年に、無謀といわれていた「金堂の復興」を実現することができたのです。
この度の写経会では2,000円の浄財を頂戴しますが、こちらは薬師寺の伽藍復興・修繕のために使われ、皆様に書き写していただいた般若心経は、薬師寺のお堂の中に永代に渡って納められます。
写経をしている間は、無心で没頭することが出来ます。せわしない日常の中で、ひととき他の事を忘れ、ただひたすらお経の一字一字を記すことで、『心がすっきりした』と言う方も少なくありません。今回はただのお写経ではなく“薬師寺”のお写経になります。貴重な機会ですので、お誘いあわせの上是非ご参加ください。

 
お申込みの際は、本予約フォームもしくは、専用の用紙をダウンロードし、ご記入のうえFAX(022-783-6116)もしくは郵送にてお送りください。

日にち: 2019年10月11日(金)
時 間:講演会10:00~12:00
    昼食会12:15~
    写経会13:00~14:00
参加費:講演会(無料)
    昼食会(無料:参加者全員にご用意しております)
    写経会(写経セット代2,000円)
場 所:仙台迎賓館 斎苑
    仙台市青葉区木町通2-2-13
申込み:専用の用紙をダウンロードし、記入のうえ、FAX:022-783-6116もしくは
    郵送にてお申込みください。
問合せ:
大谷徹奘講演会事務局:仙台市宮城野区日の出町2-5-4
    TEL:022-782-5750 FAX:022-783-6116

 

受付期間中ではありません。

定員 受付中
申込終了日 2019/09/20 23:59まで
開催日 開始 : 2019/10/11 10:00
終了 : 2019/10/11 14:00
カレンダーに追加 Google Mac (ics)
料金 講演会(無料)
昼食会(無料:参加者全員にご用意しております)
写経会(写経セット代2,000円)
主催者名 大谷徹奘講演会事務局
住所 仙台市青葉区木町通2-2-13
開催場所 仙台迎賓館 斎苑
問い合わせ先 主催者へ問い合わせする

「コピー」ボタンをクリックすると、当ページのイベントタイトルとURLがコピーされます

※Facebook・ブログ・メール等にURLを貼り付けてご利用下さい