【4/25東京開催】遊ぶことには意味がある!発達が気になる子の脳と体を育てる感覚あそびセミナー 『今日は何して遊ぶ?』 作業療法士がすすめる毎日の遊びの工夫



遊ぶことには意味がある!

子どもは遊びの中で感覚運動知覚認知言語社会性など相互に関連し合いながら発達させていきます。

発達が気になる子どもの遊びや行動のつまずきの背景には、必ず理由があります。
この理由を無視して、ただひたすら繰り返すだけでは、苦手意識が高まるだけで、最も大切にしたい自尊感情の発達に悪影響を与えてしまうことになります。


本セミナーでは、発達が気になる子どもの遊びや行動のつまずきの背景にある理由を感覚や運動、脳機能の基礎知識から発達的な視点を踏まえてわかりやすく解説します。また、感覚機能の基本的な評価方法を学ぶ実習も行います。

午後からは、実技を通して、日常生活の中で無理なく明日から取り組める対応方法をご紹介しますので、ぜひ動きやすい服装でご参加ください。

子どもと大人が楽しみながら取り組むことで、苦手な活動でも自ら取り組めるといったチャレンジできる力に繋がっていくと思います。また、順番を守ることが難しい、といった行動の、本質的な原因の解説も含む予定です。


本研修会は、すべての子どもたちの生活が豊かになることを学ぶ場にしたいと思います。
ぜひご参加ください!

 
<開催概要>

日 程: 令和2年 4月 25日(土) 
時 間: 10:00~15:00 
場 所: 日本印刷会館 2階会議室

         
中央区新富1-16-8  (東京メトロ有楽町線「新富町駅」徒歩約4分)
定 員: 80人(先着順)
受講料: 7,500円(税込)

服 装: 遊びの実技を行いますので、動きやすい服装でお越しください。


<総合監修>

鴨下賢一先生( かもした けんいち)

作業療法士。専門作業療法士(福祉用具・特別支援教育・摂食嚥下)
2019年3月まで静岡県立こども病院で27年間勤務。
未熟児、発達障がい、肢体不自由児、重症心身障がい児、整形外科疾患などを対象に、急性期からの治
療を実践してきた。Qシリーズ、凹凸書字教材シリーズをはじめとする福祉用具の開発、書籍執筆、特別支援教育支援(学校などでの支援)に数多く取り組む。

2019年4月に福岡県福津市に転居。同市にて株式会社児童発達支援協会を設立し、7月に障害児通所支援事業『リハビリ発達支援ルーム かもん』を開始する。
子どもたちやその家族に対して、これまでの経験を生かした発達支援を提供している。また、有志で「発達が気になる子への支援を考える会 まるえふ」を立ち上げ、地域支援のネットワークづくりとボトムアップを始めている。


《著作等》
「発達が気になる子への生活動作の教え方」中央法規出版
「発達が気になる子へのスモールステップではじめる生活動作の教え方」中央法規出版
「発達が気になる子の脳と体をそだてる感覚あそび」合同出版
「発達が気になる子への読み書き指導ことはじめ」中央法規出版 ほか多数


<東京開催 講師紹介>

小玉 武志 先生(こだまたけし)

所属:北海道済生会西小樽病院 みどりの里
認定作業療法士/博士(作業療法学)/呼吸療法認定士

2006年に社会福祉法人恩賜財団済生会支部北海道済生会西小樽病院みどりの里に入職.入所している重度の肢体不自由および知的障害児・者の支援と,外来リハにて発達障害児への支援を行なっている.非常勤講師として,「発達障害作業療法学」「発達障害作業療法学演習」などの講義を行なっている.海外研修生として,世界の特別支援教育の教育現場などを視察し,2ヶ月かけて世界一周した経験を持つ.著書に「脳と体をそだてる感覚遊び」「脳と体を育てる感覚遊びカード」(合同出版)がある.


髙橋 知義 先生(たかはし とものり)

所属:株式会社Likelab 保育所等訪問支援Switch
作業療法士

2001年に社会福祉法人こぐま学園に入社。在職中はリハ職の役職以外にも、生活介護事業所や就労移行支援事業所の管理者も務めた。20154月に株式会社LikeLabに入社。保育所等訪問支援事業を立ち上げ、現在は保育所や学校に訪問して、子どもたちの支援を行っている。
著書:「作業療法士が行うIT活用支援」医歯薬出版
   「脳と体をそだてる感覚遊び」「脳と体を育てる感覚遊びカード」合同出版
その他、特別支援グッズ「Qスプーン」「Qフォーク」の開発・監修を行なっている。


<助手紹介>

  

須鎌 康介(すがまこうすけ)

所属:湘南医療大学

作業療法士。
発達障害児・者の家族支援サークルや福島の子どもたちを南幌に招待する会への参画,不器用さの要因を測定する機器の基礎研究,遺伝性疾患の分子生物学的研究などを行う.
北海道済生会西小樽病院みどりの里で重症心身障害児・者への支援等を行い,2016年湘南医療大学に就職,現在に至る.発達障害に関わる作業療法の専門科目を中心に運動学などの基礎科目も担当.また,在学生の読みの困難さなどの支援を行うとともに,授業資料の提示方法や作成ポイントなどを教職員で共有,学修方法や環境について大学の支援環境整備に取り組んでいる.




戸塚 香代子 (とづかかよこ)

所属:川崎市中央療育センター
作業療法士/修士(作業療法学)/特別支援学校自立活動教諭一種免許(肢体不自由児)

2007年に札樽・すがた医院入社。その後神奈川県へ移住し、2013年横浜ハビリテーションクリニック入社。
2015年より川崎市中央療育センターにて勤務。現在は児童発達支援センターに来所される通園児童や、外来リハにて0歳~18歳まで発達障害や肢体不自由、知的障害、難病の方々の支援にあたる。 2019年より神奈川発達OTのSIGの代表を務める。
著書にASD児への発達特性を生かした発達支援と生活支援:MEDICAL REHABIRITATION No.237-2019.6がある。




加藤 直樹(かとう なおき)

所属:横浜医療福祉センター港南

2009年に社会福祉法人恩賜財団済生会支部 静岡済生会静岡医療福祉センター入職。2018年より社会福祉法人十愛療育会横浜医療福祉センター港南に入職し、現在に至る。肢体不自由や重症心身障害、発達障害のある方への作業療法に、幼児期から成人期まで幅広く携わる。福祉用具・ICTを用いた支援にも力を入れており、日本作業療法士協会が主催する研修会の講師も務める。著書に「発達領域におけるICT・AIの活用」:作業療法ジャーナル 53巻 10号がある。



久保田 絢女
(くぼた あやめ)

所属:武蔵野市地域療育相談室ハビット/厚木市療育相談センターまめの木

2012年に社会福祉法人武蔵野に入社し武蔵野市地域療育相談室ハビットに勤務。現在は、発達に気がかりのある子どもと保護者の地域生活をサポートする療育相談事業や、地域支援として子育て支援施設への巡回相談や地域の支援者向け研修会の講師などを務めている。また、児童発達支援事業や放課後等デイサービス利用者への計画相談事業にも従事している。 

 



<リハビリ発達支援ルーム かもん x 株式会社オフィスサニー>が主催するセミナーは、発達が気になる子どもたちを応援しています。

セミナー事業の収益の一部を、子どもたちの応援に役立てています。
ご受講の方に、RUKAさんの作品を素敵なステッカーにしてお配りしています。(デザインは更新されます。)



RUKAさんの紹介はこちらから。
http://hattatsu-kamon.jp/support-children/

 

【お申込み方法】
①ページ下部のお申し込みフォームをご記入の上 申し込む を押してください。
          
②自動返信メールにて受講料のお振込み先をお知らせします。
 ※自動返信メールが届かない場合は info@sunnydesu.com もしくは、03-6806-5190  までご連絡ください。 
          
③ご入金確認後、当日受付用のQRコードの付いた「ご入金確認メール」をお送りします。
 なお、一度ご入金いただいた受講料のご返金は致しかねますのでご了承ください。
 ※ご入金の確認をもって、お申し込み完了とさせていただきます。
          
④セミナー開催前日に、再度、当日受付用のQRコードの付いた「リマインダーメール」をお送りします。当日はプリントアウトしてお持ちいただくか、スマホ画面などでのQRコードのご提示をお願いします。
 

【注意事項】

●スマホ、ボイスレコーダーなどでの撮影、録音はご遠慮ください。
 


 

ただいま、申し込み受付中です。

定員 80人
申込終了日時 2020/04/24(金) 12:00まで
(あと 60日)
開催日時
料金 7,500円(税込)
セミナーの収益の一部を、障害に負けずに頑張る子どもたちの支援に充てます。
主催者名 株式会社オフィスサニー
住所 東京都中央区新富1丁目16番8号
開催場所 日本印刷会館 2階会議室
問い合わせ先 株式会社オフィスサニーへ問い合わせする
定員 80人
申込終了日時 2020/04/24(金) 12:00まで
(あと 60日)
開催日時
料金 7,500円(税込)
セミナーの収益の一部を、障害に負けずに頑張る子どもたちの支援に充てます。
主催者名 株式会社オフィスサニー
住所 東京都中央区新富1丁目16番8号
開催場所 日本印刷会館 2階会議室
問い合わせ先 株式会社オフィスサニーへ問い合わせする

名前必須

ふりがな必須

メールアドレス必須

携帯アドレスでお申込みの方は send@event-form.jp からのメールを受信許可設定してください。

メールアドレス(確認用)必須

勤務先名

※※こちらに記入いただいた名称が領収書の宛名になります。

ご職業必須










勤務先またはご自宅郵便番号 必須

勤務先またはご自宅住所 必須

ご連絡先電話番号 必須

※※出欠の確認をさせていただく場合がございますので、日中ご連絡が付く電話番号をお知らせください。

本セミナーをどちらで知りましたか?必須














「コピー」ボタンをクリックすると、当ページのイベントタイトルとURLがコピーされます

※Facebook・ブログ・メール等にURLを貼り付けてご利用下さい