Zoomオンラインセミナーのホスト/進行役をしました〜イーべ!オンライン開催レポート〜

こんにちは。
イーべ!運営部 幡司です。

毎月携わっているビジネス勉強会があるのですが、
昨今のコロナ自粛対応として、Zoomを通じ、オンラインで開催しました。


わたし個人として、Zoomは、ミーティングや、友人とのオンライン飲み会などで使っていますが
大人数が参加する『セミナー』となると、あれこれと工夫が必要になりました。

今回、参加人数は30名。

参考になる点もあると思い、記事にまとめます。

概要

■ 受付
イーべ!で概要告知
開催前にリマインダーメールでZoomのログイン情報送信
オンラインセミナーでイーべ!を使う利点は本記事末尾に

■ 参加費
有料

■ 開催時間
約2時間

機器の構成について

写真は登壇者の事務所です。ホストの自分も密に配慮しつつ、会場を設営しました。

これまでは当然、対面して開催していた定期セミナーです。
登壇者としても、参加者からの反応を見ながら話すことで、内容が豊かになり、セミナーの意義が深まります。

そういったことから、今回のZoomセミナーにおいても、登壇者から参加者の顔が見られるよう、参加者のサムネイルを表示するためのモニターを設置しました。

オンラインセミナーはイーベ!

当日の機器構成をカンタンにまとめると以下の通り。

■ ホストである私のZoomアカウントで「ゲスト」をふたつ作成

・ホスト
参加者承認や画面切り替え作業(事務作業)

・ゲスト①
登壇者への表示(映像出力。マイクOFF)

・ゲスト②
講師をiPhoneを使って撮影。iPhoneからBluetoothでマスクとテザリング。
集音は専用の機器を使用

セミナーの間は、登壇者と参加者のやり取りが容易行われ「普段通り」の賑わいとなりました。

オンラインセミナーを実際に開催してみて、
自分では当たり前に知っているつもり、想定できているつもりが
「やってみないとわからない」と感じる点が多く、今回、盛況ではありましたが、まだまだ工夫できそうです。

回を重ねることで、バージョンアップをしていきたいと思います。




受け付けにイーべ!を使う理由

オンラインセミナー開催の際、必要になる事務作業、

● 参加受付
● 有料であれば入金情報のお知らせと入金確認
● Zoom招待など、配信情報を送信

以上のような事務作業が発生します。

これを参加者全員にする。(今回30名)

ムリです

オンラインセミナーは人数が多くなりがちです。
イーべ!では3000人規模のゲリラセミナーも開催されています。

イーべ!で申込受付をすれば、入金はクレジット連携機能(Stripeを、配信情報は リマインドメール機能 を。
これは、時間設定もできるので、セミナーを開始する直前などに送信することができます。

また、法人向けセミナーでご要望が多い 領収書発行 も一斉にpdf配信できます。

以上の点から、イーべ!を使っています。


オンラインセミナーの使い方はこの記事にて。

ぜひ、ご利用ください!

イーべ!運営 幡司

イーべ!では、専門スタッフがご用向をお伺いし、イーべ!のご採用、導入までのステップをご案内しております。ご希望に合わせたカスタマイズも柔軟に対応しています。 Zoomなどオンライン通話 にて無料でお伺いしていますので、ご都合のいい日時を 以下のリンク からお知らせください。

\ 疑問・お問い合わせはお気軽に /

カスタマーサポーターが
 お伺いいたします

電話 092-525-7111

〈 平日 10:00〜17:00 〉

様々なシーンでのイーべ!デモ フォーム

ご利用事例

  • 進学相談、進学相談会の抽選、開催当日の受付管理
  • 大学・学習塾の講義・授業の申込〈 オンライン/会場開催 両方〉
  • 応募フォームとして。抽選→当選のお知らせ
  • ライブ配信イベントを有料開催
  • 「整理券」として事前申込受付
  • 成人式の来場者管理〈自治体さまにお選びいただいています〉
  • 職域接種の受付管理
  • アンケート〈 紙不要、非接触で回収 〉
  • 抽選・キャンセル待ちが必要な人気イベント
  • Zoomセミナー
  • 限定商品の販売・キャンセル待ち受付など、特別感のある販売
  • 新商品の説明会
  • 参加者の情報を顧客情報管理をしたい
  • ホテルの催事・イベント予約管理
  • ファミリーセールの受付・抽選。優待販売会の受付

会場開催(オフラインイベント)での主な利点

  • 非接触で受付、QRコード受付
  • 有料開催の場合、申込時にクレジット決済〈 Stripe決済連携 〉
  • 来場者をリスト化
  • 入退場時間の記録
  • アンケート実施
  • 万が一感染が発覚した場合の一斉連絡( E-mail・SMS )

オンライン開催での主な利点

  • 有料開催の場合のクレジット決済
  • 大人数に対し、ログイン情報などを送信
  • アンケート実施

関連記事一覧