• 個人情報漏えい時の対応について
  • HOME
  • 個人情報漏えい時の対応について

個人情報漏えい時の対応について

イーべ!では万が一、サイバートラブルが発生した場合、以下のフローにて対応いたします。

〔 1 〕初期対応

事故の認知

発生日時、漏えい形態、漏えい内容、件数等の緊急確認
事前準備:確認事項の明確化

社内報告

迅速な報告
事前準備:連絡ルートの整理

被害拡大防止措置

サーバー・ホームページの停止等
事前準備:判断権者、判断基準の決定

〔 2 〕事故解決対応

対策本部の設置

迅速な対策本部の設置、事実・原因調査指示、対応方針の検討・決定
事前準備: 招集権者、招集基準、メンバーの決定

事実・原因調査

情報漏えい事故の事実調査(漏えい件数、内容、影響範囲等の詳細調査)、情報漏えい事故の原因調査
事前準備:外部アドバイザーの確保

情報開示

社内での情報開示、ホームページへの掲載、マスコミへの公表、新聞等への掲載、監督官庁・業界団体等への報告

被害者対応

被害者・被害内容・影響範囲等の特定、被害者への対応方針の検討・決定、お詫び状の作成・送付、問い合わせ窓口の設置
事前準備:各部門の役割分担の決定

〔 3 〕事故収束後対応

影響の監視、再発防止策の策定、再発防止策の実施


〔 補足 〕責任の制限

イーべ!利用規約 第6章 第28条 に則り、「責任の制限」を以下とする

第28条(責任の制限)
1.当社は、イーベ!を提供すべき場合において、当社の責に帰すべき理由により、契約者に対し、イーベ!を提供しなかったときは、イーベ!を当該契約者が利用できないことを当社が知った時刻から起算して連続して72時間以上イーベ!を利用できなかったとき、または1料金月に合計120時間以上イーベ!が利用できなかったときに限り、契約者からの請求により、その料金月における別紙料金表に記載の月額基本料金を限度として損害を賠償する。
2.前項に定めるものの他、当社は、イーベ!に関して契約者が被った損害につき賠償責任を負う場合、契約者が当社に支払った料金の合計金額を賠償額の上限とし、これを超えて賠償する責任を負わないものとする。

イーべ! 利用規約 https://www.event-form.jp/company/terms

令和2年11月18日 作成

お問い合わせ等は お問い合わせフォーム からお願いいたします。